スクーリングに必ず出席する

スクーリングは受けなければならない場合もある

通信制大学というと、自宅で勉強すれば単位が取れて卒業することができると考えている方が多いのではないでしょうか。実は通信制であっても一定の単位数は大学に通って講義を受ける必要があります。それをスクーリング(面接授業)といいます。決められた単位数をクリアしても、面接授業を受けないと卒業要件に該当しない場合もあるので注意しましょう。最近では面接授業に通わなくても卒業ができる通信制大学が何件かありますが、ほとんどの通信制大学では面接授業は必須となっています。また面接授業が必須でない通信制大学であっても、ネットを使用してeラーニングを受けなけらばならないケースも多いです。面接授業を受けることが必須であるかは、入学前によく確認しておくのがいいでしょう。

スクーリングを受ける際の注意点

スクーリングを受ける際の注意点は、いつ行われているかを確認することが大切です。一般的に通信制大学のスクーリングは、全日制が休みの時の夏休みや冬休み、土日などに開催されることが多いです。スクーリングを受ける際には事前に予約をしなければならないので、自分の都合に合わせて予約するようにしましょう。次にスクーリングの種類を知ることがポイントになります。スクーリングの種類には、講義科目や実習科目、ゼミ・演習科目の3種類があります。この3種類の中で、自分はどれを受けたいのかを考えることも大切です。最後にチェックすべき点は、開催される場所です。スクーリングは大学で直接行われる他に、地方などで開催されることもあります。自分が住んでいる場所に合わせて選ぶようにしましょう。